熱のことなら-【熱闘ブログ】

2018/01/19

生活の中の熱

このエントリーをはてなブックマークに追加
「鋳込みヒーター」というものがあって、弊社も最近までよくやっていました。


向け先は一般消費者に近いところが多くて、
ファミレスや、コンビニなどの厨房機器に入れていただくことが多かったです。
最近はそういった案件は無くなりつつありますが、その代わり、工場の設備用ヒーターで鋳込み式を検討したい…という話も多いです。

ヒーターと板金が一体化しているので、熱伝導がよく、穴加工などしておけばそのまま取り付けられるので、ヒーターを浮かしたり、よけたりなど、固定方法をあまり考えなくて済むのもメリットです。

鋳込みはもともとかなり高い技術が要求されますが、ヒーターの鋳込みは特に難しいようです。
高い温度で使われますし、"巣"ができると即故障につながります。

最近は鋳込みをやってくれる会社さんが減ってきていて、弊社も協力企業さんを探すのにとても苦労します・・・。鋳込みを手がけられていても、ヒーターはやったことがない…だとなかなかお願いしづらいということもあります。

読者様で鋳込みが得意なメーカーさんが居られましたら、ぜひお声がけください(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/17

ダイヤモンドダストを綺麗に撮りたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、金丸です。
今年もよろしくお願いします。

いきなりですが、雪って寒くなればなるほど綺麗な表情を見せてくれます。
例えばダイヤモンドダストは太陽光に反射して雪の結晶がキラキラと輝き
とても綺麗です。
写真に納める方も多いと思いますがなかなか綺麗に撮れないのではないでしょうか。



撮り方を簡単にご案内しますね。

①ロケーション

非常に寒いところ且つ晴れている事
(私の場合、1月の霧ヶ峰高原の夜明けすぐで、気温は-15℃くらいでした)

②カメラ

一眼レフの長めのレンズ(望遠)が良いです

③撮り方

やや逆光が良いです。
大事なポイントは絞りを可能な限り開けること(レンズのF値が小さい方)

②や③はボケ味を出すことなのですが、この方がキラキラ感が出しやすくなるという事ですね。

寒い時期なので家に籠りがちの方も多いと思いますが、チャンスが有ったらぜひチャレンジしてみてください。
もちろん暖房対策もお忘れなく。では。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/15

雪山へGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。東京支店の坂野です。


改めまして新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2018年、今シーズンも雪山に行ってきました。 

一言に雪山と言っても、標高・風の強さ・気温などによって体感温度は
全く異なってきます。

同じ山でも数時間違えば、天候は急に変わったりします。

雪山初日は、朝は晴天、急にホワイトアウト状態。


当然、スノボはしていませんよ。子供らはやりたがっていましたけど、
いい口実にして、温泉。温泉。

夏なら多少寒くても耐えられますが、雪山ではそうもいきませんからね。


吹雪いていなくても防寒対策は万全にする必要があります。


なのに・・・

子供はアウターすら着るのを嫌がったり、くつしたを履かずに遊んでいたり。

見ているだけで震えてきますよ。


子供は寒くないんです。(大袈裟ですが)

子供は大人と比べて熱を作るスキルが高いと言われています。

そのためあまり寒さを感じないのです!


大人の都合で温泉選択してごめんよ。

でも2日目にはしっかりと雪山に入りました!(天気も良かったし)
 




今年もいい年になりそうです!



皆さん、1年宜しくお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/12

ヒートテックでより暖かく過ごす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。
名古屋営業所 羽根田です。

年が明けてそろそろエンジンがかかって来たころでしょうか。
僕は、正月太り、長期休みにて社会復帰に時間かかる・・・
共に例年のごとくの年始となっております。

元旦は、初日の出を拝んでまいりました。
家族をおいて1人で黙々と山を登り、頂上から来光。
気分爽快でした。

なにせ今年の目標の一つは山登り、山ガールならぬ
山ボーイ、いやはや山オジサンでしょうか。出だし好調。
年末に用意した山登り用のザックを背負って行って来ましたが
ザックを持つ程の山じゃあないんですよ。普通にいける。
でも新しい物を背負いたくて背負いたくて。
一人だけ重装備での珍道中でした。
まぁいいんです。新しいことをはじめられたのですから。


ちなみに1月に北海道に行く予定があり
年末にユニクロさんのヒートテックをここぞとばかりに購入。
山にはそれを2重で着ていきました。
温かいね。確かに。

ヒートテックはLサイズとLLを購入していたんですが
LサイズとLLサイズの間に隙間がうまれますよね。
この若干の空気層が保温してくれます。
LサイズとLサイズの組み合わせだと、空気層が多くうまれないことから
LサイズとLLサイズの組み合わせより温かさが劣る。

これ事前に調べていたのと過去の経験で万全でしたよ。
熱を扱う物として、空気は温まりにくいが冷めにくい。
断熱の効果を生むってことを、今まで多く経験して
痛い目もあってきましたので、皆さんが思う認識よりも
おそらく強く、空気ってバカにできないと思ってましたから。

実験成功ってとこでしょうか。

まだまだ寒いですね。
重ね着はサイズ違いがお勧めですよ。
(※感じ方は個人によりますw)



このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/10

お餅はなぜ硬くなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新年明けましておめでとうございます。

東京支店の木田です。

みなさま、良い年末年始を過ごされましたか?
年越し蕎麦に始まり年明けからはお雑煮やおせち料理など食に関わる機会も増え、体重も増え。。。
また一年間宜しくお願い致します。

お正月の食べ物の代表格は「お餅」ですね。
モチモチした食感が魅力的なこの食べ物ですが、日が経つとどんどん硬くなってしまいます。
でもレンジでチンしたり火にかけるとまた柔らかくなり食感が戻ってきますよね。
これはどのような作用なのでしょうか???

お餅はお米と同じでデンプンから出来ています。
このデンプンの構造の違いでお米とお餅に差が出ています。

さてこのデンプンですが、加熱と加水によって柔らかく粘り気のある組成に変わります。
いわゆる「お米を炊く」行為です。それによってお米やお餅の食感が得られます。

お餅は時間が経つと表面から乾燥し水分が奪われていきます。
しかし表面から乾燥していく結果、内部には水分が残るため再び加熱することで内部の水分が表面にも行き渡り
再びお餅の食感が戻ってくるそうです。


食べ物にも熱は欠かせませんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/05

明けましておめでとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
新年明けましておめでとうございます。
2017年はおかげ様で大変充実した一年となりました。
今年はより一層、中身の濃い一年にしたいです。

今年の私たちのテーマに"循環"というキーワードが有りまして、
これはお客様や取引先様含め、社外の色々な交流を深めることで、なにか新しいものを創ろうという意志も込められています。

このブログを読んで頂いている皆さんにも、色んな方がいらっしゃると思います。
技術職、営業職、職人さん、経営者の方もいれば学生さんもいると思います。
それぞれに様々な分野の経験を積まれていて、我々が知らないことを「知っている」方々ばかりだと思います。もちろん私たちも、皆さんが「知らないこと」を少しばかり知っています(たぶん)。
皆さんと私たちの知識や経験、アイデアを組み合わせれば、何か世の中の役に立つ、すばらしいものが出来上がるのではないか? そんな風に考えています。

"メーカー"や"ヒーター"なんて枠にとらわれず、自由な発想で新しい知見を取り入れて、新しいサービス・これまでにない製品を考えていきたいです。

社会は激しく動いています。今年も何か大きな波が立つことは確かでしょう。その波が今見えているものと同じなのか、それとも全く思いも寄らぬ方向から押し寄せてくるのかは、分りません。変化を恐れず、チャレンジし続けられる会社だけが前に進めると感じています。

今年もよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/27

2017年もご愛読ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、河合電器製作所です。

2017年の熱闘ブログも、本日で最後の更新となりました。
本年におかれましても、みなさまより変わらず格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。




2018年は、更に進化の年に!

今年は、新棟「KARUTA」が東郷工場に竣工したり、
働きやすく生産性の高い企業・職場表彰で名誉ある賞を受賞したりと
河合電器にとってのビッグイベントが毎月のようにあり、
皆様のお力添えをいただきながらここまで歩んでくることができました。

来年も、皆様のお役に少しでも立てるよう、
従業員一同日々邁進していきたいと思います。





年末年始の営業日のご案内

さて、最後に河合電器の年末年始の営業日をご案内させていただき、締めさせていただこうと思います。

誠に勝手ながら、本年度の冬季休暇を以下の日程で実施させていただきます。

2017年12月29日(金) ~ 2018年1月4日(木)

休暇中の資料請求やお問い合せにつきましては、1月5日(金)以降に対応させていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程お願いいたします。
ますます寒さが厳しくなってきますが、みなさま元気に、来る年を迎えましょう。
それでは、良いお年をお過ごしください!^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/25

2017年最後も”熱量”です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Merry Christmas!

昨日、チキンとシャンパンとケーキを買って、美味しくいただいた近藤です。

みなさんは、どんなクリスマスをお過ごしですか?

クリスマスが終わると、一気に年末ですね~
2017年も残りわずかとなりました!

さて、僕の今年最後のブログなので、一年を振り返ろうかと思いましたが、長くなるのでやめておきます(笑)

やっぱり、2017年最後のブログも”熱量”で締めくくります!

5月の”熱量”の記事はこちら

10月の”熱量”の記事はこちら

12/2(土)に、僕が昔からお世話になっているJOYWOWさんの年末パーティに参加してきました。

JOYWOWさんは、ビジネスにJOYとWOWとLOVEとFUNを!をビジョンに、主に中小企業のコンサルティングをしている会社です。

毎年盛り上がるこのパーティ、今年も100名くらいの参加者と一緒に騒ぎました(笑)
でも、騒いでいるだけでなく、ちゃんとビジネスの話をしていたり。

このパーティの参加者は、中小企業の経営者やフリーランスの方が多く、とにかく”熱量”の大きな人たちばかりです。
みんな元気で、パワフルで、よくしゃべる。
そして、とにかく楽しい!

2017年の締めくくりも、ビジネスでもっとも大切なのは、”熱量”だと強く思いました!

2018年をワクワクな一年にできるように、さらに”熱量”をあげていきます!

また来年、お会いしましょう~



※写真は、パーティ会場の横浜マリンタワーの夜景です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/22

インフルエンザにかかりやすい人

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。林田です。

今年も残すところあとわずかになりましたね。

寝正月にならず、新年を迎える為に、
体調管理は大事ですね。

そう、冬に流行するものといえば、
「インフルエンザ」です。

 

インフルエンザがなぜ冬に流行るのか、
冬は屋内と屋外の寒暖差が大きく、
空気が乾燥する為、喉や鼻の粘膜も乾燥しやすく、
ウイルスが活性化しやすい条件が揃っているそうです。

インフルエンザにかかりやすい人というものを調べてみました。

■インフルエンザにかかりやすい人、5つの特徴


1、ストレスが多い。
2、睡眠不足など生活が不規則。
3、通勤電車も含め、人混みに出掛けることが多い。
4、冷え性である。
5、集団生活をしている子どもと同居している。

私の家でも、娘がインフルエンザになり、
妻もインフルエンザになっています。

妻の場合、原因が1でなければいいのですが・・・。

同じサイトにインフルエンザにから体を守るポイントも書いてありました。

■インフルエンザから体を守る、5つのポイント


1、人混みにはマスクをして出掛ける。
2、外出から帰ったら、念入りに手洗いうがい。
3、栄養バランスのとれた食事をとる。
4、定期的に運動をして規則的な生活をする
5、部屋を湿度50%以上に加湿する。


手洗いうがい、食事に運動など、当たり前のようで
ついつい手を抜いてしまったりすることもあるかもしれません。

そういったちょっとした殊に注意することで
感染を防ぐことができるかもしれませんね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/20

熱が起こる仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪営業所の達です。

毎日、寒い日が続きますね。
風邪などひかれていませんでしょうか?

私事ですが、先日、喉風邪をひいてしまいまして。。。
友人から教えてもらった「はちみつスプーン1杯呑み」を
してみました。そのまま、何もせず、はちみつを舐めるだけ。

結論から言うと、とてもお勧めです!!
まず、喉に効く薬の役割なはずなのに、甘くておいしい。
お子さんにも良いと思います。
はちみつには殺菌作用もあるようです。
そして何より、「喉の乾燥が和らぐ」
暖房で乾燥したこの時期、風邪対策にもいいかもしれませんね。
ぜひお試しください。



さて、そのはちみつを集めてくれるのが「ミツバチ」です。
ミツバチが天敵のオオスズメバチのやっつけ方が面白い!

ミツバチの2倍サイズはあるオオスズメバチは
「47℃以上の熱を加えられる」と死に至ります。

日本ミツバチは、
「集団で取り囲み、その振動で47℃以上にして殺す」そうです。

この「振動で熱を発生させる」、
実は、弊社のヒーターも同じ仕組みで熱が起こっているんです。
ヒーター内で小さな分子が振動でぶつかり合って
発熱をしているのです。

寒い時には手をすりすりすると温かいですよね。
実はこれも同じ原理で起こっている熱です。

ミツバチを見た時。手をすりすりしたとき、
ぜひ熱の起こる仕組みについて、
ちょっと思い出してみてくださいね^^



このエントリーをはてなブックマークに追加