熱のことなら-【熱闘ブログ】

2019/01/16

氷の上はなぜ滑るのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。大阪営業所の今西です。

お正月に帰省しまして、親と昔の思い出話なんかをしてましたら、何かの流れでスケートの話になりました。
昔はいたるところにスケート場があって、シーズン中は毎週のように行っていたそうです。(僕はあまり覚えていないのですが・・・
最近はスケート場も減り、若い人だとスケートをやったことがない人も増えているみたいですね。

それがきっかけで、こんなニュースが目に留まりました。

何故氷は滑る?これまでの通説を覆す分子レベルの構造が解明
https://www.discoverychannel.jp/0000017809/

なぜ氷は滑るのか・・・実は今まで原因は解明されていませんでした。
有力な説としては、(ちょっとややこしいんですが)「水は固体よりも液体の方が密度が高い。この変わった性質により、スケート靴などで氷へ圧力をかけると、融点が下がり、氷の表面が液体へ変わるため滑る」というものでした。

対して、今回の新説では融点は関係がないといいます。

通常、氷は1つの分子が4つの分子と結合して結晶構造を形作っていますが、
「氷の表面の水分子は2個程度の分子しか繋がっておらず、結合が弱いため、繋がったり離れたりを繰り返している」とのこと。
氷の表面では、分子が自在に動き回れるような状態になっているとすれば、足が滑るのも納得いく気がしますね。

ちなみに、人間の体重程度では氷を溶かすほどの圧力はかからないとのことでした。

「氷が滑る」なんて当たり前で、理由を考えたこともないくらいでしたが、
そういうところにこそ、新しい発見が眠っているのでしょうね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/01/11

犬が寒い時に見せる仕草

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!名古屋営業所の東方です。

改めまして、あけましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願い致します。

今年は休みが長く頂く事ができ、少しづつ社会復帰してきている今日この頃(笑)
新年を迎えて戌年は終わりましたが、私の家では、子供たちからの
犬を飼いたいアピールが日に日に大きくなってきています。

寒さが厳しいこの時期、滝廉太郎さん作曲の「雪」を口ずさむ方も
多いのではないでしょうか?
ゆーきやこんこ あられやこんこ♪って歌ですね。

その一節の中で、犬は喜びかけまはり、猫はこたつで丸くなる♪と
いうフレーズがありますが、犬は毛でおおわれているので
寒さや雪も平気と感じる方もといるのではないでしょうか?


体の大きさや種類にもよりますが、犬でも南国出身生まれや子犬、短毛種など、
寒さに弱い犬種もいます。
パピヨンやマルチーズ、ドーベルマンなども寒さに弱い犬種なんですね。

犬の最適な気温は20℃くらいだそうです。

動物はしゃべる事ができないので、寒いと伝える事はできませんが、
寒いときに見せる仕草や行動があるようです。

◎体を丸めて小さくなる。
◎犬小屋からでてこない。
◎小刻みに震える
◎散歩にいきたがらない。 などなど

上記のような行動は人間が寒いときと割と近いと感じますよね!

口に出せなくても暑い時や寒い時の仕草や行動から察知して、
快適に過ごせるようにしないといけないですね。

まだまだ寒い季節が続きますが、健康管理に気を付けて、
人もペットも、今年1年をまた元気に過ごしたいですね!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/01/09

熱田神宮に参拝

このエントリーをはてなブックマークに追加
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

早速ですが、7日に熱田神宮に参拝してきました。
気温は低かったのですが、微風・快晴で結構暖かく
良い参拝が出来ました。



熱田神宮といえば、三種の神器のひとつである草薙剣
(くさなぎのつるぎ)をご神体とする神社ですね。

皇室所縁の神宮という事で、今年平成31年の皇位継承
のことも有り感慨もひとしおです。

皆様にも平成最後の年が実り多い年になります様に。
本年も宜しくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/01/07

明けましておめでとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新年明けましておめでとうございます。


株式会社河合電器製作所は、本日から2019年の営業を開始しております。
先輩のお話を聞くと、昔なら初日はあんまり仕事もせず(笑)、
祝い酒をいただいてほろ酔いで帰宅する・・・なんて時代もあったそうですが、
今は初日からバリバリ働いております~!

いまこの記事をお読みいただいている方も、今日からお仕事という方が多いと思います。
そんな中、ブログを覗いてくれるということは、もしかしてすごく熱いファンの方なのでは・・・!? なんて 笑
ありがとうございます!

おかげさまで熱闘ブログは10年目を迎えております。

何かを"続ける"ことって、本人たちのがんばりも必要ですが、やっぱり支えてくれる方々が居てこそだと、改めて実感しております。

いつも支えていただいている皆様に、より一層おもしろく&ためになる記事をお届けしたい・・・!
10年目の熱闘ブログ、さらにパワーアップしてまいりたいと思います!

今年もよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/28

2018年もご愛読ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、河合電器製作所です。

2018年の熱闘ブログも、本日で最後の更新となりました。
本年におかれましても、みなさまより変わらず格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

今年はこのブログも記事数が1000件を超え、来年は始めてから10年目を迎えます。
いつもこのブログを覗いてくださる皆さまや、
「いつも見てるよ」と温かいお言葉をかけてくださる
皆さまに支えられて、このブログを元気に継続できています。

来年も、皆様のお役に少しでも立てるよう、このブログを通じて
情報発信をしつつ、従業員一同日々邁進していきたいと思います。

年末年始の営業日のご案内

さて、最後に河合電器の年末年始の営業日をご案内させていただき、締めさせていただこうと思います。

誠に勝手ながら、本年度の冬季休暇を以下の日程で実施させていただきます。

2018年12月29日(土) ~ 2019年1月6日(日)

休暇中の資料請求やお問い合せにつきましては、1月7日(月)以降に対応させていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程お願いいたします。
ますます寒さが厳しくなってきますが、みなさま元気に、来る年を迎えましょう。
それでは、良いお年をお過ごしください!^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/26

包丁を研ぐ前の砥石

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!東京支店の坂野です。

年の瀬ですね~ 我が家も、2カ月前から始めた大掃除にようやく、
終わりを迎えることができました!

って

先回の投稿でDIYシリーズに終止符を打ち、次のネタを仕込むべく
大掃除から何かを表現しようと思案してきましたがー、、 
何も熱的な表現を見いだせず

水回りの掃除を終え、最後の包丁研ぎを迎えたのは既に1224

砥石を30分程度水に浸しながら、ブログのネタを考えていましたが一向に何も思い付かず!
分かり切っちゃいますが、なぜ包丁を研ぐ前に砥石を水に浸すのか、
やむなく検索してみましたよ!




答え:摩擦熱を無くすため~



でしょうね!


ただ、その意味を深く知ることはできました!

一般的に出回っている荒砥石や中砥石は粒子が荒いため、研ぎながら水をかけても
砥石に水が染み込んでしまい、直に乾いてしまうらしいんです。

事実そうだと思います。

乾いた砥石で包丁を研ぐと、摩擦熱で焼き戻りが起きる可能性があるとのことですが
ステンレスの焼き戻し温度は200近辺そこまでは擦らないでしょ

って、ツッコミどころ満載ですが、注意を促す文書も見つかったので中には全力で研磨する方も居るんでしょうかねぇ!


2時間かけて無事に3本の包丁をメンテナンスすることができました~
もっと楽に包丁を研げるアイテムもありますが、これが僕のスタイルです!




先日のクリスマスイブ。

娘と一緒に手作りケーキ。早速、研ぎたての包丁でイチゴをスライス!!!
抜群の切れ味~イチゴも切られたことに気づいていない~  …ハズ!


イチゴの写真撮るの忘れた・・・


来年も(は?)切れ味鋭く多岐に活躍しますよ~
その前に年賀状の準備も始めないとあぁ忙しない!


それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/21

チョコレートの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
名古屋営業所 羽根田です。

突然ですがチョコレートってどうやって作るか
ご存知ですか?
カカオ豆と砂糖とか入れて・・みたいな感じで
しっかりと答えられる方は少ないんじゃないかと思います。

 

実は先日、5歳の娘から
「お父さん、チョコレートの作り方知ってる?私知っているよ」
と言われ、自慢げに作り方を教えてくれたんです。

彼女が言うには
まず、カカオの豆をローストして殻をとります
これをカカオニブといいます
それを砕いてペースト状にしたものをカカオマスといいます
それに、砂糖、ミルク、ココアバターをいれます。
つやが出るまで温めながら拡販します。
冷やして固めます。
・・・・・・

憶えている限り書いてみましたが、ビックリするほど詳しいんです。
数日前に図書館に用あって行ったのですが、娘はそこで本を見たようで
暗記したようです。子供はさすがですね・・。
ネットで調べたらその通りでした。
いやはや脱帽です。

その話をしてくれた時に、チョコレートをつくる機械に
お父さんのお仕事の製品が使われるんだよって教えてあげたんですが
とても親近感が沸いたらしく、「お父さんスゴイ!!」って言われました。
お父さんとしてまんざらでもありません。尊敬された!!良かった。

そうなんです。我々の扱っているヒーターの熱が
チョコレートの粘り気を出す為に使われたり、保温する為に
使用されたりしています。
皆さんが口にするチョコレートも弊社のヒーターがあってこそかもしれません!!
ちょっと言いすぎかな。

弊社の熱は様々なシーンで使われています。
縁の下の力持ちな製品を今後も磨きをかけてまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/19

燃えるゴミ?燃やすゴミ?燃やせるゴミ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、東京支店の木田です。

近年の環境破壊でプラスチック製ストローの使用禁止が世界中で叫ばれています。
日本でもレストランチェーンでプラスチック製ストロー廃止を行い環境配慮型の代替品を準備するところも増えてきています。

プラスチックストロー使用を完全に悪と決め付けるのでなく
海洋投棄防止やリサイクルに力を入れて行くことも大事なのではないかと考える今日この頃です。

さてプラスチックと一言で言っても様々で樹脂製品で加熱することにより塑性(plasticity)を持つものが「プラスチック」と呼ばれています。

熱により軟化し加工しやすかったりさらに加熱することで硬化したりと様々な特性を持ちますが、プラスチックは最終処理としてどうなるでしょう?

昔の分類では「可燃(燃える)」か「不燃(燃えない)」かで分類され燃焼時にダイオキシンを発生させることもあったことから「不燃」に分類されることが多くありました。

つまり「燃える」ゴミですが、意図的に「燃やさない」ゴミになる・・複雑ですね。
現在は「リサイクル」や「資源ゴミ」とされています。

さて、では「燃えるゴミ」「燃やすゴミ」「燃やせるゴミ」の区別は???
実は明確な識別はなく自治体ごとに呼称を変えているそうです。つまりすべて「可燃物」です。
化学的に燃やすことができ、かつ燃焼時に有害物質を発しない廃棄物=可燃物となります。

環境問題は他人事ではありません。私たちもゴミを増やさない工夫とリサイクルをしっかり行っていきたいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/17

いつもの光景 その裏側には・・・(ヒーター碍子的な意味で)

このエントリーをはてなブックマークに追加
熱風用ヒーターは高温になりやすく、800℃などの条件下ではどうしても漏れ電流の懸念が出てきます。

そんなときの強い味方、セラミック碍子(がいし)。

セラミックの絶縁性と耐熱性を生かした製品です。

このようにヒーターと実機の接触部分へ使用することで、
ヒーターの漏れ電流が実機へ流れることを防ぎます。


では、この裏側はどうなっているんでしょうか?

セラミック碍子のようなものを板金にどうやって固定するか、
その場合にヒーターはどうやって設置するのか・・・

簡単なようで、ちょっと難しくないですか?(あれ?簡単・・・?)


これがすべてではありませんが、裏側はこうなっています。


奥側から言って、まず碍子をアルミリングにより板金へ固定します。
別途、手前のストッパーリングによってヒーターを固定。

こうすることで、碍子が脱落することなく、ヒーターが抜けてくることもありません。
大抵の場合はこの方法で間に合います。

もちろん、がちがちに固定したい場合や、気密を取りたい場合は、別の方法を取ります。
温度が低ければ碍子も必要なかったり、お客様や用途によって、固定の仕方はさまざま。

ヒーターの実装方法は永遠のテーマかもしれないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/14

ガムシロップの甘み

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、東京支店小林です。
寒い日が続きますね。
コーヒーでも飲んで一息つく。そんな時間を大切にしたいなと思う今日この頃です。

ところが。先日喫茶店でホットコーヒーに、砂糖と間違えてガムシロップを入れてしまうということがありました....
せっかくのコーヒーブレイクに、まさか自身の疲れを垣間見るなんて!なんたる皮肉でしょ。


ついでに大差ないだろうと飲んで見たら!予想以上に甘い!!!!
.....泣きっ面にハチかよ。
皆さんは砂糖よりガムシロップの方が甘いって知ってました?ω`)
調べると、ガムシロップは砂糖よりも甘みの強い糖を使ってるということでした。

というのも、冷たい飲み物と温かい飲み物だと、冷たい飲み物の方が甘みを感じにくいと言われているから。
なので、同じ甘さに感じるとき、温かい飲み物に比べて冷たい飲み物の方がお砂糖が多く入っているんですって。
確かに、お菓子を作っていても、焼いて冷やした後と作っている途中の温かい状態だと、後者の方が甘いってこと多いです。

あんなにお砂糖入れたのに、冷えた途端甘くない!とか。
つまり、同じ糖分でも温かい方が甘みを感じられておトクってことか。
ダイエッターには温かい飲食物が効果的ってことか!!
温かいもの、早速試しまーす!(^q^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加