熱のことなら-【熱闘ブログ】

2018/10/17

弓道と"熱"の意外な関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。大阪営業所の今西です。

大学生のころ打ち込んだ弓道。最近また始めました。
学生のときはお金がないこともあって、あまり道具に凝ることはありませんでしたが、
そこは古来より受け継がれし和弓を使った武道、道具の扱いにも長けておきたいものです。

弓道というと、一般的なイメージでは竹弓に竹矢、自然のものを使うと思われがちですが、
弓はグラスファイバーやカーボン製、矢はジュラルミンなども多く使われます。
特に部活動で竹弓を使っている人はほとんど居ないと言って良いくらいです。
耐久性においては、合成素材や金属が優れているので、練習量の多い学生が多く使うのは当然の話ではあります。

しかし現代の工業技術を以ってしても、竹の独特のしなり、柔らか味は再現できないようです。
合成素材の弓は一般に(矢を放った瞬間の)衝撃や振動が強く、
制御するために余計な力を使うので、合成弓では真の技術を極めることはできない、と言う人もいます。

実際、昇段審査も一定の段位以上になると竹弓・竹矢を使わないと受けることすらできないようです。
ちょっと保守的過ぎない? という気もしますが、合成弓ばかりになって竹弓を使う人が減ると、
そのぶん技術も衰退していくと思われますので、難しいところですね・・・

私自身、竹弓を使ってみたい気持ちはありますが、いろいろな理由で踏み切れずにいます。
(以下、竹弓にあこがれる私がいろいろ聞きかじった内容です)

竹弓の扱いにおいて困難な点は、やっぱり季節によって「弓力」(弓の強さ)が変わるところです。
自然の材料なので、当然、気温によって硬くなったり柔らかくなったりするようです。
竹弓を使っている方に実際に聞いてみたところ、夏場と冬場では、キロ数で2キロくらいふつうに変わるのだとか・・・

弓道の技術は弓の力をいかに受け止め矢に乗せるかにかかっていますので、
数キロの差は感覚的にも大きな違いを生みます。

それだけが理由ではありませんが、竹弓を扱うには、(同じ温度で比べたときの)弓力が強いもの~弱いもの、2~3張くらいを用意しておき、季節によって使い分けると良い、とされています。

しかしながら、竹弓は工業製品ではなく、弓師が1本1本精魂こめて製作した"作品"です。
そして、折角なら名のある弓師の作品を手に取りたい。それを何本も・・・と考えると・・・経済的に・・・ごにょごにょ

そんなわけで、弓具店のウェブサイトを巡回してはため息をつく日々です。

最後に私があこがれている弓師さんのウェブサイトを紹介しておきます。
いつかは手にするぞ~ 実力がついたら・・・

それでは。


和弓工房 永野一翠
http://www.issui.tv/

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/15

秋の日差しの強さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店 堀内です。

早いものでもう季節は秋ですね!朝夜がかなり涼しくなってきました。

今年は本当に猛暑だったので、涼しいとなんだかほっとしますね^^;

とは言え、昼間はまだ暑い感じがします!特に気温はともかく
日差しが…!強い!!ですよね…!!

当たり前ですが空の高さはいつだって変わりないはずなのに、
秋はすっきりしていて高い気がしますし、遮るものがない分
日差しも強いのかしら…なんて思ってしまいます。

調べてみたところ、秋も夏までとは言わないですが、まだまだ紫外線が
強いそうですよ!


夏は真上から日差しが来ますが、秋は斜めから来るので
日焼けする部分が広がりやすいようです…ひぇぇえ



行楽シーズンですし、日差しに気をつけながら楽しみたいですね!^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/12

未来のお寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!名古屋営業所の東方です。

先日テレビで、食べ物を転送させる転送装置を紹介していました!

・・・転送装置!?
と聞いて、漫画や映画を思い出してしまう私は
転送装置って物質を分子レベルに分解したものを光速で通信させて
別の場所で組み立てるものだっけ??と想像してしまうのですが、、

その番組で紹介されていたのは、味や色、形状、
栄養素、食感などの要素をデータベース化する事で
50年前のおばあちゃんの味噌汁の味を再現したり、
宇宙へ送ったりもできるといったもので、想像よりすごい。。。

特殊なプリンターでロボットアームから
食べられるゲルキューブがでてそれを組み立てて食材の形に
していくそうです。



難易度が高いもので挑戦されており、マグロのお寿司を再現してましたが、
現段階ではレゴブロックで作ったようなお寿司なのかな??って
感じで、味もまだおいしくはないそうです。。。
でも、これからの未来への過程を見ているようで個人的には
何か感動です^^

最終的な目標は、全ての食をデータ化して転送することとの事で
色々な食材に幅が広がって、ヒーターで温かさもプラスなんて
話もあると面白いですよね!

テレビ番組で紹介されて食べたかったものが家で食べられる
そんな未来も遠くないのかもしれませんね!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/10

「無法松」と低温やけど

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、金丸です。

10月になってちょっと寒くなってきましたね。


タイトルの無法松ですが、先ずいきなり無法松って何??ですよね。

映画好きには言わずと知れた映画「無法松の一生のことで、時は明治末、人力車が廃れていく頃の主人公松五郎の古き良き日本人の人情物語です。



ひょんなことで小さい子供を助けた無法松がその美しい母親に
生涯を通して無償の愛を貫いて行ったが、果たして最後に・・・どうなる?
というストーリーですが、私この映画が大好きでDVDまで買って
たまに見ています。

で、この映画と低温やけどの関係という事なんですが、
どういうわけかこの映画の1シーンがとても心に残っているんですね。

ある日主人公が火鉢のそばに長時間座って暖をとっていると赤い斑点のようなものが出来て子供に痛くないかと聞かれるシーンがそれです。

痛くなんかないさ、と返す主人公の温かい言葉が火鉢よりも暖かいと思いました。

皆さんも一度映画をご覧になって心の温かさをあらためてご確認になっては如何でしょうか。

では、また。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/05

オヤジのDIY ~完結編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店の坂野です。
 
オヤジのDIY、当初の予定より2カ月早く完了することができました。
 
移設目的に解体したウッドデッキを組み立て、増設。思いのほかスムーズにいきました!
 
雑に組み立てたせいでしょうかね~
 
 
 
 
 
もともとの目的は、ガレージの拡張から始まった今回のDIY
実はウッドデッキの移設構想は数年前から考えていたのです!
 
理由は、観葉植物が見た目にウッドデッキと相性がいい気もしますし、
日当たり良好な場所で育てたかったからす!
 
 
ところが
 
日本の夏が熱すぎたのでしょう
 
気を付けてはいたのにあれよあれよという間に葉焼けを起こし無残な姿に!
 
 
 
 
 
 
人も紫外線で日焼けをしますが、植物も強い日差しのもとでは葉焼けを起こします。
 
弱い光の下で育った植物は、光線に対する防御機構が休止状態になっているので、
急に強い光が当たると葉焼けを起こすことは一般的に知られていますが、
もともと強い光の下で育てた植物も葉焼けを起こすケースが稀にあるようです。
 
使えるエネルギー以上の強すぎる光が来た場合、
どんなに日に当てた環境で育てていても、光を消化しきれず葉焼けを起こすようです。
 
今年の夏のように連日暑い日が続き、強すぎる光が当たり続ける環境では注意が必要ですね。
 
 
因みに、植物の場合人が日焼けする紫外線では無く可視光線で葉焼けが起こりますので紫外線をカットしても意味は無いようですよ。
 
 
河合電器ならこの光の調節の仕方すら教えてくれるのかな~?
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加