熱のことなら-【熱闘ブログ】

2016/12/09

牛乳の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店 堀内です。
すっかり冬になり、寒い日が続きますね。

さて、寒い日が続くとあったかい私はよくホットミルクでココアを作って
飲んでいるのですが、牛乳にも色々種類があるのをご存じですか?

実は、一口で牛乳と言っても、殺菌方法がものによって違うんです!

画像を見てみてください。牛乳のパッケージの一部です。




一般的に、一番流通しているのは120~150℃で1~3秒殺菌する
「超高温瞬間殺菌」と呼ばれているものです。
高温で、短時間でさっと殺菌するのですね。
大手メーカーはこの方法がほぼほぼ。

しかし、よく地方の方で「産地直送!」と謳っているような牛乳だと
約63~68℃で30分程の時間をかけて殺菌する方法を行っています。
「低温長時間殺菌」という方法です。
時間をかけて、ゆっくりゆっくり殺菌するのですね。



結果として残る成分は変わらないそうですが、
香りや美味しさはやはり低温殺菌牛乳の方が美味しいそうですよ!
(その分、賞味期限も高温殺菌より短めになっています)

手間がかかる分、お値段は比較的高価になりますが、
どうせなら美味しい牛乳を選びたいですよね…!

牛乳売り場に行ったら、是非確認してみてはいかがでしょうか^^*


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/07

温熱じんましん

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!名古屋営業所の東方です。

寒さが厳しい季節になってきましたね。
冷え切った体をお風呂で温めて、お布団に包まる、、
ぬくもりが恋しい季節。。

私の家は、いつの時代になっても、こたつ愛好家です。


先日こたつ大好きの我が子が こたつに入っていたのですが
ふとももが赤くなり、かゆくなり、すぐに治るというのが続いた為、
深く考えず病院にいった所、温熱じんましんとの言葉が、、、

 温熱じんましんとは

温水や温風など皮膚の温度が
急に温まる事がきっかけで発疹します。
温かさによる体温の上昇が原因なので、寒い時期が多くなり
入浴後や運動後、暖房器具にあたったあとに起こりやすいそうです。

冷え切った体に、熱いお風呂にストーブ、こたつなど
すぐにあたりたくなりますが、夏場同様に急激な温度差は
体にわるいんですよね。。

昔から使われているこたつは、エアコンなどと比べて
健康的にも最強!と思ってましたが、急激な温度差に
ならないように使っていかないといけないですね。

寒い冬を、上手にあたたかく乗り越えていきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/05

溶接時の熱

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは金丸です。

現在、弊社では新棟建設中なのですが、この寒い中にかかわって頂いている作業者方々には本当に感謝の気持ちです。

さて、作業現場を覗いてみると、鉄鋼を溶接している現場を見かけました。

現場で形を整えていくんですね。

そもそも溶接とは御存じの通り、異なる部材の接合部に、熱や圧力、または両方を加えることで接続部を一つにする接合の事を言います。



しかし熱をかけて溶接を行う際、溶接する部材が低温のまま溶接すると、
部材の低温割れや部材の変形が起こる可能性があります。
そのような現象を防ぐ為、作業現場では予め物質を暖めておく『予熱』が行われます。

実はこの予熱にも電気ヒーターが使用されます。


例えば、溶接したい金属パイプにシリコンラバーヒーターを取り付け、
予熱させておくと、スムーズに溶接することが出来きます。


色々なところで電気ヒーターは活躍していま
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/02

室内で観葉植物を育ててみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、東京支店の坂野です。

先週は54年ぶりに11月に初雪を観測するなど、寒い日が続くようになりました。

こうも寒くなると我が家の観葉植物も管理が難しくなり、枯れてしまう木々がいたりもします。

冷えた環境で水を与えても、乾燥した室内に置いておいてもあまり良くないのです。。。

人のいる時間は環境が安定していても、終日湿度、室温を安定させておくことは
正直難しく、一時のミスが与えるダメージが再生不能に追い込むことが多々…

過去の失敗を今年は改善につなげ、植物のための環境ハウスなるものをつくってみました!

温度、湿度を夏場の雰囲気で安定させてあげればって単純な発想です。

リビングに設置し湿度95%、室温25℃を維持すること3日目。


ハイビスカスの枝につぼみがポコポコと。



4日目に各々のつぼみが開き大量のハイビスカスの開花です!






この時期、まず関東では咲くことがないハイビスカスで。
毎年落葉し無残な姿になってしまうのですが、とっても生き生きしています。

その他のヤシ系植物も見事な葉ツヤです。むしろグングン成長しそうな勢いです!

やりました!


今年は安定した年越しができそうです!

皆さんもどうぞお風邪など召されませんようご自愛をお祈りいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/11/30

【高性能】セラミックヒーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日はまじめに、製品のご紹介です。

急昇温!高耐熱!

・・・といえばカートリッジヒーターですね。
標準品ですと最高温度600℃くらい、電力密度20W/cm2 程度。だいたいの用途はこれで充分。

しかしながら・・・もっと高い性能はないの? というマニアックなご要望にお応えし・・・


高温セラミックヒーター、始めました。




最高温度は堂々の1000℃。
最高電力密度は、驚くなかれ150W/cm2。
→まぁ普通はこんなに要りませんが・・・。
それでも普通のセラミックヒーターを比べても高い耐久性なことが分ると思います。

こういったファインセラミックのヒーターは、窒化アルミ製が多いと思いますが、価格の高さや割れが起きやすいことが難点。でも弊社の高温セラミックヒーターは割れが置きづらく、価格も手ごろです。

生産には成形型が必要ですが、標準品も取り揃えています。
最小は14×14mm、最大サイズはΦ300まで。

金型はもちろん、液体加熱や温風用まで、様々なシーンでお使い頂けます。

資料請求はホームページから!
https://www.kawaidenki.co.jp/toiawase/

ぜひご検討ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加